秘書検定準1級受験奮闘記
秘書という柄じゃないのに!

<問題大あり>
さすがに2度もれんぞくして落ちたのでは話にならないということで、少し考え方を変えました。試験内容はもう把握できているので、問題ないということで、面接試験の時の緊張感をほぐす練習をしました。
 これはどんな試験にも通用すると思います。これから掲げる方法は禁断の方法だと思いますが、真面目に聞いてください。僕が真面目に実践した技です。

その技とは・・・

飲酒!です。 僕の体の構造上、飲酒を適度にすると、テンションが上がり、少しおおらかになり、ほがらかになったところで、人一倍明るく接するように変身します。もしお酒を飲んで、明るくなったりする人はこの技を面接の1時間〜30分前に実践されてはいかがでしょうか?この作戦!見事に的中。。面接官がどんなに美人だろうが、どんなに見つめてこようが(実際にかなり見つめてくる)あのかわいくて美人なお姉さん(30歳前後の面接官)がかなり見つめてきて、面接を行います。でも動じません。こちらにはお酒が入っているので、全然おかまいなく面接が進みます。しかも、こちらから見つめ返す(お酒を飲むと女性をくどき始める)技を使うので、相手とのコミュニケーション能力が高まります。そうして面接試験が終わりました。
 さて、結果は・・・ 合格!!! うわああああああああい

変な裏技ですが、おすすめだな〜と思います。お酒のにおいが気になるかと思いますが、きっちり歯磨きをすれば消えます。げっぷはあまりしないほうが良いですが、面接官との間には2メートルほどの間があるので、大丈夫でしょう。


<消費エネルギー>
【資金消費】テキスト代0円=0円
【時間消費】基礎学習1時間+過去問0時間=1時間
【体力消費】少し体力を使う試験だった・・・10
【精神消費】不安は特にないけど道のりが長い・・・0
【他人消費】誰にも手伝ってもらわなかったから・・・0


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス