マツダ−デミオ(サウンドシャキット取付)♪
オーディオ配線ごちゃごちゃぁああ

<デミオオーディオ分解記!>
<デミオは案外簡単かも☆>
 知人のデミオにサウンドシャキットという音を良くする機械を取り付けます。純正オーディオとスピーカーの間にこの機械を挟むととんでもなく音が良くなるという噂のものです。果たして効果はいかに・・・(ちゃんと取付できるかな〜)


フロントパネル分解・・・

市販の純正カーオーディオ用の接続コンソールコードを購入(2000円程)して、これを一旦サウンドシャキットに入力するためにギボシ加工します。もちろんぶった切って、入出力両方の端子を作ります。なかなかうまくできました。メーカーは違いますが、僕が神と仰ぐYさんにギボシの作り方を鍛えられただけある・・(意味深・・( ̄□ ̄||||)


デミオのセンターコンソール内の画像です。さっぱりしています。


シフトノブ辺りの画像です。ここも結構あっさりしています。


一旦取り外したオーディオパネル。


ついでに左の方にあるDC/ACインバーターも取付で♪(300W)


上の写真と同じものですが、若干アングルが違いますw


バッテリー周りの配線です。黄色いコードがサウンドシャキットの電源です。黄色いコードの間にはノイズサプレッサーを設置しています。(サウンドシャキット標準添付)


配線(ギボシ同士合体!)取り付けました。オーディオから出た信号を一旦、サウンドシャキットに入れて、それからスピーカーに出力します。(ん?肝心のサウンドシャキットの画像が無いって?) 写すの忘れました・・・(;´_`;) なにかいつも一箇所抜けてる・・


徐々に元の位置に押し込んでみます。。。


その間にその知人はデッドニングを始めていました。


( ̄-  ̄ ) ンー デミオのドアって最初からデッドニングされてるのかなぁ。。。普通の車よりはマシかも。。。最初からインナーパネルが密閉されている・・すごいぃぃい〜★


と、まあこんな感じで、無事に音も鳴り、終了となりました。デッドニングは途中までやったのですが、この日は雨が降っていたのでドアが濡れていて、シールがくっつきにくいと判断し、後日行うように計画しました。




これらの情報は全て、平成17年11月6日 記録です。


女の子電話占いお絵かき掲示板無料レンタルシェアハウス・ゲストハウスのリブナビウィルダイレクトiPhone修理